オンラインイベント

京都・関西発ライフサイエンスベンチャー企業 Meet Up
〜 ライフサイエンスDxの取り組み 〜

2022年222日(火)15:00-18:00
主催
株式会社産学連携研究所、公益財団法人京都高度技術研究所、公益財団法人新産業創造研究機構
後援
国立大学法人京都大学、関西イノベーションイニシアティブ(公益財団法人都市活力研究所)、一般社団法人首都圏産業活性化協会
協力
経済産業省近畿経済産業局

概要

産学連携研究所、京都高度技術研究所は、京都・関西のライフサイエンスベンチャーの創出と育成に取り組んでおります。
これまでは、京都地域のライフサイエンスベンチャーを支援対象にしておりましたが、今年度は、対象地域を関西広域に広げるとともに、コロナ禍における研究開発や事業のデジタルトランスフォーメーションを推進し、さらなる成長支援を行います。
この度、関西のライフサイエンスベンチャーと大企業とのコラボレーション、およびデジタルトランスフォーメーションの取り組みについて発表いたします。
多数のご参加をお待ちしております。

開催日時2022年2月22日(火)15:00~18:00(予定)
会場オンライン配信(Zoomウェビナー)
対象ライフサイエンス分野でのDXに関心のあるベンチャー企業及びオープンイノベーションによるベンチャー企業との共創を目指す企業等
定員300名(先着順)
参加費用無料
お申込みはこちらから

本イベントに関するお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム

プログラム

時間や順序が変更になることがありますので、ご了承ください。

15:00~開会の挨拶

株式会社産学連携研究所
代表取締役 隅田 剣生 氏

15:05~実証企業の取り組み紹介

  • AMATARを活用した微生物菌種推定システムのサブスクリプションサービス
    株式会社AFIテクノロジー
    代表取締役社長
    円城寺 隆治 氏
  • 高品質・短納期な医療テキストアノテーションサービス
    エニシア株式会社
    代表取締役
    小東 茂夫 氏

15:45~ライフサイエンスベンチャー(医療AI&IoT系)ピッチ

  • 医療機関と共同開発した「予防・治療用アプリ及びサポートロボット」
    株式会社ハタプロ 伊澤 諒太
    株式会社ハタプロ
    代表取締役
    伊澤 諒太 氏
  • 市販ミリ波レーダを用いたバイタルセンシング技術とその製品
    株式会社マリ 奥村 成皓
    株式会社マリ
    研究開発本部長
    奥村 成皓 氏
  • 脳刺激によるパフォーマンス向上事業
    Ghoonuts株式会社 都志 宣裕
    Ghoonuts株式会社
    代表取締役
    都志 宣裕 氏
  • スマホ取付口腔内撮影ミラーを用いたオンライン歯科
    スクリエ 桑理 祥真
    株式会社スクリエ
    取締役副社長/公認会計士
    桑理 祥真 氏
  • 人の心に寄り添う、AIメンタルヘルスケア
    emol 武川 大輝
    emol株式会社
    COO
    武川 大輝 氏
  • 粒子分散系シミュレーションによるマテリアル開発の⾼精度・⾼効率化
    株式会社ソフトマターシミュレーションズ 河村 昌紀
    株式会社ソフトマターシミュレーションズ
    取締役
    河村 昌紀 氏
  • 調整中
    ヘルステック研究所
    (調整中)
  • 調整中
    株式会社 Geek Guild
    (調整中)
  • 調整中
    クアドリティクス株式会社
    (調整中)
  • 調整中
    イーグロース株式会社
    (調整中)

16:45~休憩

16:55~ライフサイエンスベンチャー(ディープテック系)ピッチ

  • 人工脂肪を活用した乳房再建の実現
    レナートサイエンス 長谷川 雪憲
    株式会社レナートサイエンス
    代表取締役
    長谷川 雪憲 氏
  • 調整中
    プラチナデータサイエンス 楊 振楠
    株式会社プラチナデータサイエンス
    楊 振楠 氏
  • 調整中
    バイオアクセル株式会社 平林 茂
    バイオアクセル株式会社
    代表取締役
    平林 茂 氏
  • UBiSSカードを活用したICTシステムを構築でのデジタルトランスフォーメーションの取組
    株式会社ユニバーサルバイオサンプリング
    吉田 孝次 氏
  • 細胞外マトリックスを活用した細胞培養技術
    株式会社マトリクソーム 山本 卓司
    株式会社マトリクソーム
    代表取締役社長
    山本 卓司 氏
  • 難病治療の克服から始まる骨関節再生医療
    セルファクター株式会社 寺尾 友宏
    セルファクター株式会社
    寺尾 友宏 氏
  • 調整中
    幹細胞&デバイス研究所 加藤 謙介
    株式会社 幹細胞&デバイス研究所
    加藤 謙介 氏
  • iPS再生医療を通じた Therapy Chain 構築
    株式会社VC Cell Therapy 堀 清次
    株式会社VC Cell Therapy
    取締役
    堀 清次 氏
  • 調整中
    京ダイアグノスティクス 小西 一豪
    京ダイアグノスティクス(株)
    代表取締役社長
    小西 一豪 氏
  • 再生繊維の開発と衣料Dx
    Curelabo株式会社 山本 直人
    Curelabo株式会社
    代表取締役CEO
    山本 直人 氏

17:55~閉会の挨拶

  • 近畿経済産業局 地域経済部
    次長
    森下 剛志 氏(予定)

登壇者概要

  • 株式会社産学連携研究所
    代表取締役隅田 剣生 氏

    大学卒業後、プラントエンジニアリング業界でプロジェクト営業に従事。2004年からNEDO、大阪大学、文部科学省、東京大学等で産学官連携コーディネーター、名古屋大学客員教授等を歴任し、多数の大学発ベンチャー・産学連携プロジェクトのマネジメント業務に従事。2010年から現職。神戸大学大学院修了。

  • 株式会社AFIテクノロジー
    代表取締役社長
    円城寺 隆治 氏

    北里大学卒業後、1993年(株)重松製作所入社。細菌検査試薬ベンチャーを経て、2007年フィルテクノジャパン(株)設立。誘電泳動原理に基づいた細菌迅速検査システムの研究開発を実施。2013年(株)PixeeMo®️及びCROSSROTERTAFIテクノロジー設立。2014年代表取締役社長就任。ELESTA®️ Mの開発に着手。東京都立大学(旧首都大学東京)大学院修了、博士(工学)。

  • エニシア株式会社
    代表取締役社長
    小東 茂夫 氏

  • 株式会社ハタプロ 伊澤 諒太
    株式会社ハタプロ
    代表取締役伊澤 諒太

    2010年にハタプログループを創業。16年にNTTドコモと提携、共同でジョイントベンチャー事業開始。18年に行政・銀行・IT企業3者の官民共同出資による合弁会社を設立、兼務で取締役に就任。
    以降、複数のハードウェア・スタートアップ(IT活用の新しい電化製品等の新興企業)設立に携わる。近年はAIロボット開発技術を応用した次世代の医療・介護・ヘルスケア領域のジョイントベンチャーに注力。

  • 株式会社マリ 奥村 成皓
    株式会社マリ
    研究開発本部長株式会社マリ

    2018年京都大学大学院情報学研究科博士後期課程修了、情報学博士。電波・超音波信号処理に従事。2019年より現職。

  • Ghoonuts株式会社 都志 宣裕
    Ghoonuts株式会社
    代表取締役都志 宣裕

    2013年 03月 東京農業大学応用生物科学部卒業
    2014年 10月 朝日税理士法人入社 会計、税務、コンサルなどを担当
    2018年 03月 朝日税理士法人退社
    2018年 04月 株式会社 aceRNA Technologies 共同創業 財務等を担当
    2020年 05月 株式会社 aceRNA Technologies 取締役退任
    2020年 8月~ Ghoonuts株式会社 創業 現職

  • スクリエ 桑理 祥真
    株式会社スクリエ
    取締役副社長/公認会計士桑理祥真

    京都府長岡京市生まれ。奈良県立郡山高校(野球部)。2011年、神戸大学経営学部在学時に公認会計士試験合格。卒業後、有限責任監査法人トーマツに入所し、会計監査・IPO支援・ベンチャー企業成長支援に従事。2021年スクリエ副社長に就任し、研究開発以外の経営全般を担当。

  • emol 武川 大輝
    emol株式会社
    COO武川 大輝

    2013年に株式会社エウレカに入社し、Pairsのグロース施策などに携わる。2014年に株式会社エアゼを共同設立し、大手クライアント案件などのディレクションを担当。
    2019年にemol株式会社を創業し、主にBizDevを担当する。

  • 株式会社ソフトマターシミュレーションズ 河村 昌紀
    株式会社ソフトマターシミュレーションズ
    取締役河村 昌紀

    京都大学経済学部、京都情報大学院大学(情報学修士)
    みずほ銀行で鉄道・物流企業を中心に担当し、退職後に大学院進学。在学中に微細藻類を扱う京大発ベンチャー(株)SeedBankに参画、起業支援を行う京大発ベンチャー(株)イーパスを設立。
    イーパスとして京都大学山本教授を支援し、㈱ソフトマターシミュレーションズ設立。

  • レナートサイエンス 長谷川 雪憲
    株式会社レナートサイエンス
    代表取締役長谷川 雪憲

    日立製作所、三菱電機で医療情報システム構築に従事。その間、阪大院医核医学講座・臨床医工学センターで核医学の研究を行う。その後、京大MBAでアントレプレナーの研究、イーパスでは起業支援を行う。2021年8月にレナートサイエンスを起業し、京大病院形成外科研究員も兼任。
    京大院工、阪大医学博士。

  • プラチナデータサイエンス 楊 振楠
    株式会社プラチナデータサイエンス
    楊 振楠

    京都大学大学院医学研究科博士課程在学中。 研究分野はiPS細胞(ナイーブ型iPS細胞の誘導、応用)、老化(若返りが目標)であり、事業分野は、大学発シーズの創薬事業、化粧品開発事業、遺伝子検査事業、AIを活用した健康行動喚起システム開発事業などを中心に行なっております。

  • バイオアクセル株式会社 平林 茂
    バイオアクセル株式会社
    代表取締役平林 茂

    1958年生 東京都出身 日本大学理工学部中退
    サイエンスライター バイオアクセル株式会社 代表取締役
    父親の癌罹病をきっかけに腫瘍免疫学の考究を始める。がんの免疫細胞療法のための細胞培養加工施設を運営する
    著書に「進行がんを眠らせる」・「悪性新生物」(河出書房新社)、「医者の言いなりにならないがん患者学」(講談社)等々

  • 株式会社マトリクソーム 山本 卓司
    株式会社マトリクソーム
    代表取締役社長山本 卓司

    2001年京都大学農学修士修了後、(株)ニッピへ入社。研究所でBSE検査キットとES/iPS細胞培養用基材であるiMatrix-511(ラミニン511-E8断片)の開発に従事する。2013年新潟大学農学研究科博士号を取得後、2015年12月に(株)マトリクソームを立ち上げ、2016年1月から代表取締役社長に就任。

  • セルファクター株式会社 寺尾 友宏
    セルファクター株式会社
    寺尾 友宏

    整形外科専門医、再生医療認定医、認定スポーツ医、MBAホルダー、再生医療専門クリック院長に加え、特定認定再生医療等委員会の委員も兼務、京都大学の整形外科医、黒田隆先生と共に難病克服プロジェクトを推進中。最終目標は人類にとって最大の難病「老化」を克服し健康寿命を伸ばす事。好きな数式はオイラーの等式。

  • 幹細胞&デバイス研究所 加藤 謙介
    株式会社 幹細胞&デバイス研究所
    加藤 謙介

    1993年(株)日立製作所機械研究所、2000年から事業部へ異動し、設計開発課長として製品開発・事業開発を牽引。技術経営分野へ転向し、2008年東工大発ベンチャーを立ち上げ、製造業、公的研究機関を対象とした技術基盤の新事業開発戦略の策定と実行を通じ、ライフサイエンスを含めた先端技術の社会実装に携わる。2014年に株式会社 幹細胞&デバイス研究所を設立し代表取締役に就任。
    東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科博士課程修了 博士(技術経営)
    立命館アジア太平洋大学国際経営学部 客員教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科 非常勤講師(MOTプログラム)、研究・イノベーション学会 広報理

  • 株式会社VC Cell Therapy 堀 清次
    株式会社VC Cell Therapy
    取締役堀 清次

    京都大学理学部卒。京都大学博士(医学)。
    マルハ(現マルハニチロホールディングス)、ノバルティスファーマ、大阪バイオサイエンス研究所を経て京都大学生命科学研究科講師。iPS細胞の世界初の臨床応用がされた2014年に京都大学を早期退職、設立直後のiPSポータル社に参画し、企業の再生医療・創薬研究のサポート事業に従事。2021年より高橋政代の設立したVC Cell Therapy取締役に就任。「効く治療」として患者さんに提供することを目指して、遺伝子細胞治療の医療への組み込みに奮闘中。

  • 京ダイアグノスティクス 小西 一豪
    京ダイアグノスティクス株式会社
    代表取締役社長小西 一豪

    2000年京都大学大学院薬学研究科修了後、米国バージニア大学化学研究科博士研究員を経て、ノバルティスファーマ、大正製薬にて医薬品開発研究に従事。その後、外資系VCにて再生医療や創薬などバイオ案件を中心としたアーリーシードやベンチャーの事業化を支援。
    2015年から化学分析ソフトウェア会社の代表取締役、および2019年から京都大学発ベンチャーの京ダイアグノスティクス株式会社の代表取締役。
    PhD(薬学)、薬剤師、国際認証MBA、中小企業診断士

  • Curelabo株式会社 山本 直人
    Curelabo株式会社
    代表取締役CEO山本 直人

    大学卒業後、全国に約10万件の観光企業・地方自治体のクライアントを抱える広告代理店に入社。
    営業を4 年半、管理職5年、役員を7年担当。取締役としては約120名の部下管理、会社経営に携わり2014年に沖縄事業の立ち上げを担当。
    2018年同社退職後、株式会社Rinnovation設立、2021年Curelabo株式会社設立。中央大学文学部卒業